武道通信 告知板


《最新の記事から30件》 [投稿(修正)する] [更新] [終了] [削除]

「読書余論」12月期目次


▼山路愛山『足利尊氏』S24
▼野村喬『評傅眞山果』1994
▼津軽海峡海難防止研究会ed.『津軽海峡の天気とことわざ』H1。


「読書余論」11月期目次

 11月25日 配信

▼マイケル・ルイス『マネー・ボール〔完全版〕』2013
▼四手井綱英『斜面緑化』S57
▼上原敬二『應用樹木學』上下 S17
▼湯浅博『吉田茂の軍事顧問 辰巳栄一』2013


「読書余論」10月期目次

▼『US Naval Technical Mission to Japan: Reports in the Navy Department Library』
▼玉貫光一『シベリア東部生物記――ウスリー地方を中心として』S55
▼森本敏・浜谷英博『早わかり国民保護法』2005
▼土屋武之『鉄道の未来予想図』2013-
▼秦郁彦『官僚の研究 不滅のパワー・1868-1983』1983
▼李登輝・浜田宏一『日台IoT同盟』2016。


「読書余論」9月期目次

●「読書余論」 2017年9月25日配信号 の 内容予告

▼土肥一夫・監修『海軍 第六巻 太平洋戦争2』S56
▼小松左京『虚無回廊 I & II』1987
▼ロバーツ『三井――日本における経済と政治の三百年』S51 後半。


「読書余論」8月期目次

 「読書余論」8月期 25日・配信

▼ベイジル・ホール『朝鮮・琉球航海記』1986
▼ジョン・ロバーツ『三井』S51 ※途中まで。


「読書余論」無料化のついて補足

「読書余論」塾生、また新規購読したいとの方からの
お問い合わせがありましたので、追記のお知らせ。

 例えば今月7月から有料までの「2018-5-25」配信号まで購読したい
との方は10ヵ月分500×10=5,000円でお申し込みください。
 1ヶ月500円の計算になります。半年または1年期間の受講期限は
無くします。


「読書余論」7月期目次


▼枝松茂夫tr.『紅楼夢(一)〜(十二)』
▼宮崎壽子監訳『ペリー提督日本遠征記』上下

 <2冊>ですが、ボリュームは毎号と変らず。
 幕府は、シーボルトがオランダ人ではないことから、
 まず、ロシアのスパイではないかと疑ったのだ(p.173)。
 などなど『ペリー提督日本遠征記』読み応え充分です。


謹告 「読書余論」のご購読者の皆様へ 

 いつもご購読ありがとうございます。
 小生の事情によりまして、来年の「2018-6-25」配信号から、「読書余論」にテキストを入力する小生の作業時間を減らそうと思っております。
 それにあわせまして、来年の「2018-6-25」配信号からは、「読書余論」の新規分の購読料は無料化したいと思います。
 つきましては、これから「読書余論」の購読をお申し込みくださる方は、「2018-5-25」配信号までの分であればこれまで通りの購読料をお振込みいただかねばなりませんけれども、「2018-6-25」配信号以降の号については、料金はお振り込みになりませぬように、くれぐれもご注意をお願い申し上げます。
 主として返金事務手続きの煩瑣を回避したいため、万一、「2018-5-25」号を超えた号までの購読料金の事前の振込みがあった場合には、その方へは、なんらかの「特典」を兵頭が用意することにいたします。杉山穎男事務所からの超過予約金の「返金」はいたしませんので、まことに勝手ながら、ご了解をお願いします。
 なお「2018-6-25」号以降から初めてご購読を開始されたい方は、ご入金は必要がないのですけれども、「登録」だけは現在と同様のものが必要です。「読書余論」は、正しく登録をされている方だけに「武道通信」(杉山穎男事務所)から毎月25日に配信されるテキスト情報です。
 その時期が近づきましたらば、またご告示板等でご案内をさせていただきます。
 皆様のご支援に感謝いたします。

          平成二十九年六月二十三日  兵頭 二十八


「読書余論」6月期 目次

▼M.C.ペリー『ペリー提督日本遠征記 上』角川文庫 H2
▼ラスキ『近代国家における自由』1951
▼ハンス・ケルゼン『デモクラシーの本質と價値』S23
▼ヴィノグラドフ『法における常識』イワブン1972
▼九里聰雄『食用野草』S21。


 『新しい歴史教科書』英訳シリーズ

 『新しい歴史教科書』英訳シリーズのその2―第1章「古代までの日本」、第1節、第2節をお届けします。
第1節:文明のあけぼの
@ 日本人はどこから来たか 

人類はアフリカで誕生した 日本列島に住み着いた人々
  日本にもあった旧石器時代
  *もっと知りたい:「岩宿遺跡を発見した相澤忠洋」

 A自然の恵みと縄文文化  

豊かな自然の恵み 縄文土器の時代 縄文時代の生活
  *もっと知りたい:「和の文化」の縄文

 B文明の発生       
  農耕の始まりと金属器の使用 文明の発生と国家の誕生
  黄河・長江流域の古代文明

 C宗教のおこり      

 自然への畏敬と祖先への感謝 一神教の登場 世界の三大宗教

 D稲作の広まり弥生文化  
   水田稲作の広まり 弥生文化 ムラからクニへ

  第2節:古代国家の形成

  E中国の歴史書が語る古代の日本 

   小国が分立した紀元前後の日本 邪馬台国と卑弥呼 

   華夷秩序と倭国

 F大和朝廷と古墳の広まり    

  大和朝廷による国内統一 前方後円墳と大和朝廷

 G神話が語る国の始まり 

  古事記・日本書紀に書かれた神話・伝承

  イザナキ・イザナミとアマテラスの誕生

  オオクニヌシの神と出雲神話 天孫降臨と神武天皇

  H東アジアの国々と大和朝廷

   百済を助け高句麗と戦う 倭の五王による朝貢
   新羅の台頭と任那の滅亡

   I仏教伝来

   仏教伝来の背景 崇仏論争 帰化人の役割

 
対訳版:http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Chapter%201%20Section%201,%202.pdf
                   


「読書余論」5月期 目次


「読書余論」5月期

▼土肥一夫監修『海軍 第三巻 日露戦争』S56
▼デービッド・アッテンボロー『植物の私生活』1998
▼佐藤卓『キナバル山の植物』1991
▼かのよしのり『狙撃の科学』2013
▼井上雅央『イノシシ シカ サル これならできる獣害対策』2008
▼ダドリー・ポープ『バレンツ海海戦』S56。


4月期「読書余論」目次

 「読書余論」目次

▼トニー・シュウォーツ『トランプ自伝』1988
▼ノーマン・モス『神を演ずる人びと――水爆の開発と核戦略家』S44
▼宮田新平『「科学者の楽園」をつくった男 大河内正敏と理化学研究所』2001
▼保阪正康『日本の原爆 その開発と挫折の道程』2012。


読書余論 3月期目次

▼大山敷太郎『農兵論』S17
▼マイケル・アブラショフ『即戦力の人心術』原2002
▼マーク・ゲイン『ニッポン日記』下 S26
▼安全保障調査会『日本の安全保障――1968年版』。


「読書余論」2月期 目次

『日本の武器で滅びる中華人民共和国』(講談社プラスアルファ新書)
がたちまち三刷。累積三万部。

▼『世界文学大系65 中世文学集』「ローランの歌」S37
▼カレル・ヴァン・ウォルフレン『日本/権力構造の謎』1994
▼福島安正『大陸征旅詩集』S14
▼浜谷英博・松浦一夫・他『災害と住民保護』2012。


読書余論 1月期目次

▼東京日日新聞社会部ed.『戊辰物語』1983
▼吉田 司『宮澤賢治殺人事件』1997
▼田久保忠衛『激流世界を生きて』2007
▼グレイ&メール『防雪技術ハンドブック』1990
▼東中野修道『南京「事件」研究の最前線』H19。


読書余論12月期
 「読書余論」12月期の目次

▼陸軍戸山學校将校集会所pub.『銃劔術指導必携』S17
▼警視庁長官官房総務課『10年のあゆみ』S40
▼警察研究会ed.『警察百科常識事典 一九五六年版』S30
▼西ヶ谷徹『戦時独逸の警察』S19
▼『国家地方警察統計書』第一回(S23)〜第四回
▼高橋雄豺『新しい刑事警察』S24
▼渡部英喜『漢詩百人一首』1995
▼団藤重光『死刑廃止論』1991
▼森永種夫『流人と非人』1993
▼樋口秀雄『新装 江戸の犯科帳』1995
▼石井良助『人殺・密通その他』S46
▼渡辺一夫『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか』2009
▼松山&山本・共著『木の実の文化誌』1992
▼渡部英喜『漢詩歳時記』1992
▼中央史壇特別号『国史上疑問の人物』?年
▼川田稔『原敬と山県有朋』1998
▼村上哲見『漢詩と日本人』1994
▼『ビッグマンスペシャル 連合艦隊 日米開戦編』1998
▼冨澤繁信『「南京事件」発展史』H19。


読書余論11月期

 「読書余論」11月期の目次

▼古賀斌『武士道論攷』S18
▼石田文四郎『日本武士道史の体系的研究』S19
▼東海林辰三郎『名将逸話 時代の武士』M45
▼松山薫「関東地方における旧軍用飛行場跡地の土地利用変化」
▼周緯『中國兵器史稿』1957
▼渡辺宗太郎『新しい警察』S24
▼小関尚志『日本臣道史』S16
▼箕作元八『西洋史新話(第六巻)武士道の華』S16
▼田中義能『武士道概説』S7
▼葦津珍彦『武士道――戦闘者の精神』1969
▼石川公弘『過密の中の軍事基地』1994
▼『航空基地建設器材輯覧(III)掘鑿器材』S20
▼川村静『警備戦術の要諦』S27
▼片方善治『警察のシステム工学』S50。


読書余論 10月期目次

  「読書余論」10月期(124)目次

▼マックスウェル著『中印国境紛争』1972-1、原1970 完結
▼ダンコース著『崩壊した帝国――ソ連における諸民族の反乱』1981
▼『海軍中攻史話集』完結
▼土肥一夫監修『海軍 第一三巻 海軍航空 航空隊 航空機』S56

 10月25日配信。


ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件
“ユネスコ記憶遺産に登録申請した「通州事件」から“

その5、「通州事件」遭難生存者(4人)の証言

1)浜口茂子の回想
 「通州事件」に遭難しながらも、九死に一生を得た人々もいました。生存者のその後の証言がいくつもありますが、ユネスコ記憶遺産に登録申請したものは、4人の証言です。

 今回は、昭和史研究所会報36,37,38号に掲載された浜口茂子さんの手記をご紹介します。浜口さんは、冀東防共自治政府の要請で綿花開発事業の指導のため、満州綿花協会から通州に派遣され、不幸にも事件に遭い、凶弾に倒れた指導員の一人である浜口良二氏の夫人です。



  日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Hamamguchi.pdf

英訳文:URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/808/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Hamamguchi-testimony-Tongzhou-Massac-c.pdf



海外には、下記の通り英文で発信しました。



平成28年9月16日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝。



「読書余論」 9月期 目次

 「読書余論」 9月期 目次 9月25日配信

▼防研史料 『陸軍航空後方業務の沿革史 附表・附録』S22
▼防研史料 大刀洗陸軍航空廠 修理斑『昭和十九年度 参考書類綴』
▼防研史料 遠藤三郎、篠尾正明『軍需省 航空兵器総局 関係資料』
▼防研史料 陸軍航空審査部総務課『航空技術報告綴』S20
▼防研史料 航空本部技術部『航空技術報告綴』S20
▼防研史料 『陸軍航空本部関係参考書類綴』〜大12
▼防研史料 長嶺亀助『航空戦備の追憶(満州事変前後より)』S30
▼防研史料 『陸軍大学校航空戦史研究資料』3冊合冊 S17頃
▼防研史料 『臨時航空技術練習委員関係書類(仏国航空団関係)』大7
▼防研史料 『射爆撃用諸表』
▼防研史料 大東亜戦史資料『後方関係』
▼防研史料 『航空技術報告綴』S20
▼『日本海軍航空史(3)制度・技術篇』S44
▼臨時軍事調査委員『各国各兵種使用兵器概見表』大5
▼防研史料 酒井亀久次郎「火砲製造の想い出」S29稿
▼陸軍省『兵器沿革史 第二輯』大9
▼陸軍省『兵器沿革史 第三輯』大7
▼陸軍省『兵器沿革史 第5輯』大9
▼相馬基ed.『参戦廿将星 回顧卅年 日露大戦を語る〔陸軍篇〕』S10
▼東京大学史料編纂所『維新史料綱要 巻八』S13初版、S59repr.
▼谷 寿夫『秘密日露戦史』初大14、S41repr.
▼黒板勝美『新訂増補 国史大系 第一部 4 続日本紀 後篇』S32
▼富山民蔵『語構成から見た日本書紀・古事記の語・語彙の比較研究』
▼Gregory D. Black 他著『OWI goes to the Movies』
▼ウォディス著『クーデター――軍隊と政治権力』1981
▼小田切盛徳・述、田中稔ed.『日本刑法沿革史』M15
▼豊田武次郎ed.『日本刑法沿革史』M16
▼服部信廉ed.『日本刑法沿革紀略』M15
▼渡辺政太郎ed.『徳川氏刑法』M21
▼高橋治俊・他『増補 刑法沿革綜覧』原大12、H2repr.
▼穂積陳重『祖先祭祀と日本法律』大6
▼穂積陳重『復讐と法律』S6
▼留岡幸助『不良少年感化事業』M35
▼横山彌四郎『隠岐の流人』S28
▼兵頭賢一『宇和島郷土叢書 第9巻』S44
▼山本仁・他『定本・佐渡流人史』1996
▼鈴木光志『神津島集説 II 神津島の流人』S58
▼司法省秘書課『徳川刑事裁判判例集 上』原S11、1986repr.
▼司法省調査課『司法研究 第8輯・報告書集7』S3
▼原胤昭・他『江戸時代 犯罪・刑事罰事例集』原S5、1982repr.
▼リゾーリ社ed.『世界の遺跡と名建築 第8巻』S58
▼(株)ジャパンエナジー『大煙突の記録――日立鉱山煙害対策史』H6
▼新田次郎『ある町の高い煙突』S44
▼山田&大場・共著『風呂のはなし』S61
▼全国公衆浴場環境衛生同業組合連合会ed.『公衆浴場史』S47
▼三井不動産(株)『霞が関ビルディング』S43
▼早大雄弁会OB選挙研究会『ザ・選挙』H3
▼飯島清『人の心をつかむ法』S44
▼被選挙生活研究会『極楽! 議員選挙マニュアル』1995
▼渡辺・タケバヤシ『まんがマニュアル 当確!! 選挙術』1993
▼鈴木精七『選挙参謀、手の内のすべて』1995。


「読書余論」 8月期 目次

 「読書余論」 8月期 目次

▼防研史料 『爆撃兵器関係』
▼中田万之助『徳川氏刑法』M21
▼『日本風俗史講座 第五巻』S4
▼陸軍省編纂『明治卅七八年戦役 陸軍政史』
▼『戦場のならず者』1994
▼中央乃木会『御神徳を仰ぐ』S49
▼北越製紙(株)『北越製紙70年史』S52
▼東陶(株)『東陶機器七十年史』S63
▼本州製紙(株)『本州製紙社史』S41
▼伊奈製陶(株)『伊奈製陶株式会社30年史』S31
▼高等捕獲審検所 残務調理員『明治三十七八年戦役捕獲審検誌』M39
▼クリーガー&オン著『ミサイル防衛――大いなる幻想』2002
▼大分バス(株)『五十年のあゆみ』S62
▼高桑純夫ed.『自我と実存』1948
▼鮎川信夫『自我と思想』1982
▼『岩波講座 文学 第五巻』S29
▼相田二郎『小田原合戦』S51
▼花見朔巳『鎌倉時代史論』S6
▼笈田敏野『北條時宗公』S17。



読書余論 7月号目次
 
  読書余論 7月号目次 (毎月25日配信)
  入塾申し込みはメールにて。「読書余論 入塾希望」と
  1年6000円 半年3000円 

▼防研史料 『爆弾信管関係』
▼防研史料 『爆弾第三十三回実験』S15-3-29
▼防研史料 『爆撃参考綴』
▼防研史料 S13-5-28〜S18-8-1『爆弾関係資料綴』
▼防研史料 『爆弾本体一覧表』
▼後藤乾一『近代日本とインドネシア』1989
▼根本惣三郎ed.『回顧 乃木将軍』S11
▼渡辺求『乃木将軍と孝道』S15
▼横山達三(黒頭巾)『乃木大将』大1
▼高橋静虎『恩師乃木将軍 第一』大3
▼大島輝久『乃木大将言行録』S2
▼東岩美『乃木大将 第一巻 錬磨育成篇』S16
▼四元学堂『忠勇義烈 軍神乃木大将』大9repr.
▼『日本海軍航空史(3)制度・技術篇』S44
▼高幣常市『山本五十六元帥』S18
▼『浦賀船渠六十年史』S32
▼宮野澄『不遇の提督 堀悌吉』1990。


読書余論 6月期目次
 「読書余論」6月期目次 6月25日配信

▼防研史料 川口益大佐『大東亜戦争終戦頃の海軍各航空廠所管別航空機銃・爆弾・火工品・同関連軍需品 現在表』
▼防研史料 『爆弾使用区分参考表』
▼防研史料 『爆弾関係(1)』
▼防研史料 『爆弾関係(2)』
▼防研史料 『爆弾関係(3)』
▼防研史料 『爆弾・機銃関係』

◆◆特別号企画◆◆
 『兵頭二十八の防衛白書2016』に使い切れなかった記事ネタをまとめて一挙にご紹介。


読書余論 5月期目次

▼陸軍省戦争経済研究班『獨逸経済抗戦力調査』(経研報告第三號)S16
▼防研史料 『実験研究経過概要 並 主要航空兵器ノ変遷 爆撃部』
▼防研史料 『爆撃精度向上に関する研究実験実施方策』S16
▼望月澄男『有坂【金召】蔵』?年
▼吉長・関根・中川 共著『焚き火大全』2003
▼深津正『燈用植物』1983。


読書余論 4月期目次

▼料治花子『子子挺身記』S19
▼古川隆久『戦時議会』2001
▼『海軍中攻史話集』つゞき
▼防研史料 『飛行機用各種弾薬効力基準表』
▼防研史料 『爆弾要目表』
▼『連合艦隊 海空戦 戦闘詳報 17 特別攻撃隊 戦闘詳報 I』
▼『連合艦隊 海空戦 戦闘詳報 第18巻 特攻 II』
▼『日本海軍航空史(1)用兵篇』S44pub.
▼『日本海軍航空史(2)軍備篇』時事通信社
▼『日本海軍航空史(3)制度篇』
▼『海軍 第一三巻 海軍航空 航空隊 航空機』S56
▼『今昔物語』つゞき
▼フュージョン・エネルギー財団『ビームディフェンス』1984。


読書余論 3月期目次

軍學者の新刊本
『「地政学」は殺傷力のある武器である』
発売から3日足らずで緊急増刷だそうです。
   ………………

安藤信雄ed.『海軍中攻史話集』S55 ※途中。
▼横森周信『海軍陸上攻撃機』S54
▼矢島祐利『アラビア科学史序説』1977
▼防研史料 航本『一式二五番二號爆弾説明書』S16
▼防研史料 中谷達次郎『爆薬炸填法ノ講義』S3
▼防研史料 『駐独海軍武官情報(爆弾・機雷関係)』S17〜18
▼山本正・他『北海道山菜誌』1980
▼高橋英一『生命のなかの「海」と「陸」』2001
▼『今昔物語』 巻28の続き。


読書余論 2月期目次

▼防研史料 軍令部『上海爆撃戦について』S7
▼防研史料 『航空研究会関係綴 其の二』S7
▼防研史料 『日独戦役戦利品下附書類』
▼防研史料 『大正戦役 戦時書類 巻百八』
▼防研史料 『大正戦役 戦時書類 巻百九』
▼防研史料 『海軍制度沿革史資料 兵器2/4 (消耗兵器)』M30〜
▼防研史料 『海軍制度沿革史資料 兵器3/4 消耗航空機用兵器』大13〜
▼防研史料 『S16〜19 航空技術廠 航空技術情報摘録』
▼防研史料 『航空参考書綴』
▼防研史料 『ロケット関係ノート綴』
▼防研史料 中国化薬(株)ed.『旧海軍使用の各種弾丸の威力』S48
▼堀元美『帆船時代のアメリカ』朝日ソノラマ つゞき
▼藤井 非三四『「レアメタル」の太平洋戦争』2013
▼鷲谷いづみ『オオブタクサ、闘う ――競争と適応の生態学』1996
▼中西弘樹『海から来た植物 ――黒潮が運んだ花たち』2008
▼徳岡正三『砂漠化と戦う植物たち』2003
▼土肥一夫・他ed.『海軍 第五巻 太平洋戦争 1』S56


「読書余論」 1月期 目次

 新年、明けましておめでとうございます。
 
▼防研史料 『陸軍主要火砲諸元表』S34
▼防研史料 『各種火砲射表 綴』M32
▼防研史料 『野戦砲兵士官手簿』M36
▼防研史料 『砲兵学教程』M33
▼綿引久太郎『兵器叢談』M31
▼有坂成章・著『砲兵士官須知』M11
▼垂井明平&横道復生『兵器学(各兵科将校用)』M36
▼『兵器学(各兵科将校用)』第3巻 M36
▼大江志乃夫『日露戦争の軍事史的研究』1976
▼『聯合艦隊 海空戦 戦闘詳報 8 航空母艦 戦闘詳報 I』
▼『9 航空母艦 戦闘詳報 II』1996
▼『第13巻 航空戦隊 戦闘詳報』1996
▼『10巻 基地航空隊 戦闘詳報 I』
▼『第11巻 基地航空隊 戦闘詳報 II』
▼横河橋梁製作所『横河橋梁八十年史』S62
▼(株)横河橋梁製作所『横河橋梁五十年史』S35
▼土肥一夫他ed.『海軍 第七巻 戦艦・巡洋戦艦』S56。


「読書余論」12月期目次

▼防研史料 『第二次欧戦調査資料 戦訓及所見竝ニ参考資料 第六輯』
▼防研史料 柴田文三中佐『基地航空作戦ニ関スル戦訓』
▼防研史料 海軍航空本部『戦訓資料(航空)』S20-9
▼防研史料 『一八九二来欧州諸国現用野山砲兵』
▼R・M・コナフトン『ロシアはなぜ敗れたか』
▼大江志乃夫『日露戦争と日本軍隊』
▼『海軍 第四巻 太平洋戦争への道』S56
▼山内進『北の十字軍』1997
▼三浦權利[しげとし]『図説 西洋甲冑武器事典』2000
▼藤井嘉雄『松本藩の刑罰手続』H5
▼経済雑誌社pub.『国史大系第十六巻 今昔物語』M34 つゞき
▼大原 雅ed.『花の自然史――美しさの進化学』1999。


読書余論 11月期目次
  読書余論 11月期 25日配信
  <入塾申し込みはメールにて。半月3千円。1年6千円>

▼防研史料 『航空研究会関係綴 其の一』海軍航本 S7
▼防研史料 『不発弾処理実施要領書類』S18
▼防研史料 『海軍制度沿革』海軍大臣官房 S15
▼『長者一九会十周年記念誌 九十九里浜の語部』H10
▼『水交社記事 Vol.28』M25 他
▼『マッキンダーの地政学 ――デモクラシーの理想と現実』2008
▼『海軍 第四巻 太平洋戦争への道』S56 ※途中まで。



[投稿/修正する] [更新] [終了] [削除] [↓次のページ]

MiniBBS2